石島気療接骨院

お問い合わせはこちら

うつ病と睡眠の関係

うつ病と睡眠の関係

2022/05/10

うつ病の患者さんは例外なく身体が疲れています。ですのでアドバイスとして『寝れるだけ寝て下さい』と毎回お伝えします。

睡眠は身体の回復にとっては欠かせないものです。

寝ている間に邪気(疲れ)がより排出されます。邪気(疲れ)は寝ている間に特に排出される特徴があるからです。

うつ病の方は当然身体が疲れていますので1日中寝ていられます。健康な方は1日中寝るなどという事は出来ないと思います。

休みの日など日中寝過ぎてしまうと夜寝れなくなる事があると思います。それは健康な証拠です。

うつ病の方は1日中寝ていられますし、1ヶ月以上も寝ていられる方も沢山いらっしゃいます。

余程疲れが溜まっている証拠ですよね。

疲れが取れるに従って徐々に睡眠時間が減って来ます。完治した後は普通の方と同じ睡眠時間に戻ります。

寝ようと思っても1日中寝る事は出来なくなります。

身体は本当に上手く出来ていますね。

次回はこの続きを書いていきたいと思います。

 

----------------------------------------------------------------------
石島気療接骨院
〒990-0875
山形県山形市北江俣71
電話番号 : 0120-10-8343


繰り返すうつ病を山形で対応

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。